【エロ漫画。桂あいり】高校生がカラオケボックスでセックスして口内射精。ヤリマンギャルJKが不良たちに輪姦されたりも。大ヒット作「カラミざかり」のスピンオフ・新山さん編。

カラミざかり番外編3〜その後の新山〜

作品タイトル:カラミざかり番外編3〜その後の新山〜
作家:桂あいり

カラミざかり番外編3 〜その後の新山〜 のダウンロードページはこちら

以前レビューした大ヒットエロ漫画「カラミざかり」のヒロイン・飯田さんの親友だった新山さん(めっちゃ可愛くて良い子なんだけど尻が軽い)が主人公。
口内射精 1回
新山さんが、中学時代に好きだった男(チャラ男)に予備校でたまたま再会して、その帰り道でエロい話になる。お互いクンニやフェラのテクニックに自信を持っていて、男がその場で新山さんに指をフェラさせて新山さんも乗ってきて指フェラを披露。男は興奮して新山さんにチンコを触らせたりベロチューしたりして、新山さんは素直に応じる。
その後、男がいつも「ヤリ部屋」に使っているっぽいカラオケボックスに新山さんを連れ込んで、お互い自慢のテクを披露してから、SEX開始。新山さんは監視カメラで男の不良仲間に見られてるとも知らずに激しいSEXをして、ラストはカラオケのイスに座った状態のほぼ全裸の新山さんに、男がイスの上に立ってチンコを咥えせて口内射精する。口の中のザーメンは見せるけど、その後ザーメンをどうしたかは不明。新山さん、可愛いし体もめちゃエロくて抜ける。

その後、このチャラ男とはセフレになって度々カラオケでSEXする仲になるんだけど、ある日、
男がSEX終わりに勝手に不良仲間3人をカラオケルームに入れて輪姦するシーンがくそエロい。不良たちは「何ちゃんだっけ?はじめましてー」とか言って、嫌がる新山さんに勝手にチンコを挿入してSEXしていく。1人荒い男がいて「口開けろって。歯、立てんなよ」とか言って新山さんにチンコを咥えさせて、新山さんをマングリ返しさせて無理な体勢でオナホ扱いで犯す。

新山さんは「カラミざかり」本編でもずっと可哀想な立場だったので、ちゃんと最後には良いエンディングを用意してあげていて、完璧でした。

 

カラミざかり番外編3 〜その後の新山〜 のダウンロードページはこちら

コメント