【素人系】引きこもりコミュ障少女が自分を変えるためAV出演。監督やスタッフなどを口内射精ごっくん6回。

男性が苦手だった引きこもりでコミュ障の女の子が自分を変えたくて自らAV出演。ザーメン10発ごっくん性交

作品タイトル:男性が苦手だった引きこもりでコミュ障の女の子が自分を変えたくて自らAV出演。ザーメン10発ごっくん性交
発売日:2020/04/25
メーカー:ナンパJAPAN

FANZA動画のダウンロードページはこちら(サンプル動画が見れたり、サンプル画像が拡大できたりします)

口内射精 6回
1.
オープニングシーン(サンプル動画5~2:18秒)。ここで口内射精1回。
まずは、今回AV出演する女の子(さくらちゃん)がインタビューに応える。さくらちゃん「バイト先の先輩の友達と(セックス)ヤラされたりしてて男が苦手になった」みたいなリアルなエピソードを話していてエロい。
その後、監督っぽい男が「男性恐怖帳を克服するためにスキンシップをしたほうがいい」と提案して、その場にいたADっぽい男性スタッフとプレイ開始。さくらちゃんもADの男も、監督の指示に戸惑いながらも従うぎこちない雰囲気で、ADはそそくさとズボンを脱いで、さくらちゃんは手コキをしてから、監督に「そのままパクっと(チンコ)咥えてみて。咥えて頭を動かすの」とか言われてフェラ開始。
さくらちゃんはゆっくりと丁寧にチンコを手でシゴきながらフェラを続けて、ADが「やばいな…気持ち良くなってきちゃった」監督「いいよ。イキたかったら」AD「出していいんすか?じゃあもっと激しくやってください」という流れで、さくらちゃんがジュッボジュッボと少しフェラを強めてすぐにフィニッシュ(横あたりからアップ気味のアングル)。さくらちゃんが口の中のザーメンを見せてから、監督が「それ飲める?そういうの男の人喜ぶの」と言ってゴックンさせる。監督に「初めて飲んだ?(味)どう?」と聞かれて、さくらちゃん「変な味がする…」。

2.
作品中盤あたりのシーン(サンプル動画2:40~2:59秒)。ここで1回。
初絡みシーンの撮影後、休憩を挟んで、監督がさくらちゃんに初絡みの感想を軽くインタビュー。
すると監督が「ちょっと、俺にフェラしてよ」と言ってフェラさせる。監督(もしくは代えの汁男優)がイスに座って、その前にさくらちゃんが座って、ハンドカメラでハメ撮りして、監督の主観ぽいアングルメインでフェラ。
さくらちゃんはチンコを手でシゴきながら丁寧にフェラを続けて、そのままフィニッシュ(ハンドカメラでの正面アップのアングル)。口の中のザーメンを見せてから、監督に「それ飲んでよ」と言われてさくらちゃんは目をパチクリさせて少し驚きつつもゴックン。フィニッシュの少し前に編集あり。

3.
最後のコーナー(サンプル動画3:10秒~)。ここで4回。
男3人と4Pセックス(メインの男優は1人で、2人はフェラされるのみ)。
騎乗位でセックスしながら2本のチンコを手コキしながらフェラしている時に1人の男が「あ、イクイクイク」と言ってフィニッシュ(サンプル動画3:15秒~に映ってるシーン)。口の中のザーメンを見せてから、監督の指示でザーメンが口に入ったままもう1人をフェラをしてそのままフィニッシュ(サンプル動画3:25秒~)。2人ともフィニッシュの前に編集あり。ザーメンが口に入ったままセックスを続けて、バックでセックスしている時に飲んじゃったらしい。
その後、バックでセックスしている時、さっき発射した男2人がまたさくらちゃんにフェラしてもらって、バックの揺れを利用する感じのフェラで2人順番にフィニッシュ。フィニッシュの前に編集あり。発射された大量のザーメンを見せて(サンプル動画3:28秒)、それが口に入ったままセックスを続けて、セックスしている男が舌上発射して3人分まとめて飲む。

フィニッシュは雰囲気を楽しむ感じで、シチュエーションや、さくらちゃんの魅力を楽しむ作品。
さくらちゃん(女優名は桜井千春)、まだ幼くて大人しいけど、ちゃんと礼儀正しい女の子。なんとなく、男に性処理目的に使われちゃう「何でも受け入れちゃうコミュ障メンヘラ系ヤリマン女子」っぽく見えてエロかった。
 

FANZA動画のダウンロードページはこちら(サンプル動画が見れたり、サンプル画像が拡大できたりします)

コメント